太陽光発電の設置なら!

Posted: 6月 2015 in 太陽光発電
14

今、多くの家庭や企業が導入を進めている”太陽光発電”。

また、土地や空き地、工場や倉庫などの屋根の有効活用するために太陽光発電を設置するというケースが増えてきていると言います。

今回ご紹介する『エコライフ』も太陽光発電の施工を請け負っている企業です。

中でも野立て太陽光発電や産業用太陽光発電に関して施工実績が豊富であることが特徴といえるでしょう。

また、2012年7月より施工された固定価格買取制度により、太陽光発電によりつくられた電力の全量買取が現在行われています。

これらは期限が決められており、また年々買取額が減少していることもあって、設置するならまさに今がチャンスなのです!

エコライフの太陽光発電施工エリアは埼玉県、群馬県、栃木県がメインとなっています。

こちらにお住まいの方は、気軽にお問い合わせしてみるとよいでしょう。

他にも、無料診断のお見積もりも電話かメールで可能。

太陽光発電を設置するなら今です!

現地調査から施工、青色申告をしている事業主や企業に対してはグリーン投資減税の申請も行ってくれるので楽ですよ。

詳細は、こちらの公式ホームページよりご確認ください。

さまざまな施工実績も掲載されているので、参考にしていただけます。

RSS Feed
By: admin

メガソーラー事業へ参入する際の注意点!業者決めは大事

Posted: 11月 2014 in 太陽光発電
16

メガソーラー事業へ参入する場合、2つの問題が発生します。それは「設置業者」「施工業者」を選択する必要があることです。個人向け住宅の屋根にソーラーパネルを設置することとは、そもそもの規模が違いますので信頼できる業者を見つけなければいけませんよね。もしもパネルの設置が手荒に行われてしまえば、破損リスクも増すでしょう。メガソーラー事業は専用機器ありきとなるため、一部でも破損箇所があれば業務に支障が出てくると言えます。

また個人向け太陽光発電システムとの違いは他にもあります。それは不動産の屋根に設置するのではなく、基本的に地上に設置するという点です。つまり土台となる土地をしっかり整備(基礎工事)する必要があるのです。もちろん設置後の稼働を続けていくためには、架台設置も必須です。そのため機器の費用や設置コストだけに注目すると痛い目に遭うかもしれません。必ず信頼できる業者かどうかを見極め、依頼をした方がいいです。

ただし大規模な工事や施工が求められるため、大手メーカーだから安心できるというわけでもないのです。なぜならブランド力に物を言わせ、事業費用が莫大にかかる可能性も秘めているからです。よってメガソーラー事業を専門に扱っている、ネクストエナジー(メガソーラー事業ならこちら)などに頼むとコスト及び工事にも満足できるでしょう。

■メガソーラー・産業用太陽光発電システム|ネクストエナジー

施工実績も豊富ですので、気になる方は1度問合せをしてみてください。費用などに関する詳しい話を教えてもらえますよ。

RSS Feed
By: admin

拡大する事業に適応できる販売管理システムならGRANDIT

Posted: 9月 2014 in ビジネス全般
26

販売は企業が利益を得る一番重要な要素です。販売には受注、出荷、納品、代金回収といった流れがありそれら全部が販売に関わっています。その販売に関わる流れを管理するのが販売管理です。販売管理にはさらに在庫の情報や仕入れ情報なども関係してくるためより複雑になってきます。販売管理をしっかりと行うことで収益の流れだけでなく作業全体の動きも読むことができるようになります。http://www.grandit.jp/

企業に合わせた販売管理システムの導入なら販売管理

ERPは企業で行われているすべての業務を統合するシステムの事です。その中には販売管理も含まれています。事業を拡大していくと扱う品や素材の種類が増えて規格情報なども細かくなっていきます。そういった事業の発展拡大に合わせて販売管理システムを更新していくならGRANDITの導入をお勧めします。

GRANDITはグローバル化が進みインターネットでの情報交換が主流になっている中で様々なデータや情報を取り込んで管理することができます。実際に660社が導入してその実績を評価しています。事業の拡大や扱う商品の増加に従来のシステムが対応しきれなくなっているなら、GRANDITを導入してすべての情報をまとめて管理してみるといいでしょう。

RSS Feed
By: admin

基幹システムでIT技術を生かそう

Posted: 9月 2014 in ビジネス全般
10

基幹システムは主に業務の効率向上、コスト削減をメリットとするIT技術ですが、現在では導入する企業が増えています。やはり何か業務を行うにあたって、効率向上やコスト削減は外せない項目といえますし、できるだけ活用したいものだと思います。ただし、メリットが大きい分、考えることは数多くあるので、導入の際はよくよく計画を立てておく必要があります。

基幹システムの導入の仕方には二種類……一括で行うものと部分で行うものがあります。当然どちらも同じ結果になるわけでなく、それぞれの特徴があるので、どちらを選ぶか業務に合っている方をしっかりと検討することが重要です。簡単にそれぞれを特徴づけると、一括で行うものは比較的初期費用が高い・導入期間が短い・全体的な効果がすぐに出やすいといった特徴で、部分で行うものは比較的初期費用が低い・導入期間が長い・手軽に導入できるといった特徴です。会社全体を一気に活性化させるならば前者が向いていますが、リスクを最小限にして徐々に成果を出していきたいという場合、後者が向いています。

どのようなシステムを導入するかは自由であり、その選択によって結果が左右されることも珍しくありません。そのため、まずは情報を身につけましょう。

RSS Feed
By: admin