メガソーラー事業へ参入する際の注意点!業者決めは大事

Posted: 11月 2014 in 太陽光発電
16

メガソーラー事業へ参入する場合、2つの問題が発生します。それは「設置業者」「施工業者」を選択する必要があることです。個人向け住宅の屋根にソーラーパネルを設置することとは、そもそもの規模が違いますので信頼できる業者を見つけなければいけませんよね。もしもパネルの設置が手荒に行われてしまえば、破損リスクも増すでしょう。メガソーラー事業は専用機器ありきとなるため、一部でも破損箇所があれば業務に支障が出てくると言えます。

また個人向け太陽光発電システムとの違いは他にもあります。それは不動産の屋根に設置するのではなく、基本的に地上に設置するという点です。つまり土台となる土地をしっかり整備(基礎工事)する必要があるのです。もちろん設置後の稼働を続けていくためには、架台設置も必須です。そのため機器の費用や設置コストだけに注目すると痛い目に遭うかもしれません。必ず信頼できる業者かどうかを見極め、依頼をした方がいいです。

ただし大規模な工事や施工が求められるため、大手メーカーだから安心できるというわけでもないのです。なぜならブランド力に物を言わせ、事業費用が莫大にかかる可能性も秘めているからです。よってメガソーラー事業を専門に扱っている、ネクストエナジー(メガソーラー事業ならこちら)などに頼むとコスト及び工事にも満足できるでしょう。

■メガソーラー・産業用太陽光発電システム|ネクストエナジー

施工実績も豊富ですので、気になる方は1度問合せをしてみてください。費用などに関する詳しい話を教えてもらえますよ。

RSS Feed
By: admin

拡大する事業に適応できる販売管理システムならGRANDIT

Posted: 9月 2014 in ビジネス全般
26

販売は企業が利益を得る一番重要な要素です。販売には受注、出荷、納品、代金回収といった流れがありそれら全部が販売に関わっています。その販売に関わる流れを管理するのが販売管理です。販売管理にはさらに在庫の情報や仕入れ情報なども関係してくるためより複雑になってきます。販売管理をしっかりと行うことで収益の流れだけでなく作業全体の動きも読むことができるようになります。http://www.grandit.jp/

企業に合わせた販売管理システムの導入なら販売管理

ERPは企業で行われているすべての業務を統合するシステムの事です。その中には販売管理も含まれています。事業を拡大していくと扱う品や素材の種類が増えて規格情報なども細かくなっていきます。そういった事業の発展拡大に合わせて販売管理システムを更新していくならGRANDITの導入をお勧めします。

GRANDITはグローバル化が進みインターネットでの情報交換が主流になっている中で様々なデータや情報を取り込んで管理することができます。実際に660社が導入してその実績を評価しています。事業の拡大や扱う商品の増加に従来のシステムが対応しきれなくなっているなら、GRANDITを導入してすべての情報をまとめて管理してみるといいでしょう。

RSS Feed
By: admin

ストレスチェックが義務化されます!

Posted: 9月 2014 in ビジネス全般
19

http://www.armg.jp/mhlw/経営者のみなさん、労働安全衛生法の改正案が、去る2014年6月19日に可決、成立したことはご存知ですか?メンタルヘルス対策を充実、強化させることを目的としたこの改正は、従業員50名以上の全事業所にストレスチェックの実施を義務付けるものです。

まずは、>>こちらをご覧ください。こちらでは、通称「ストレスチェック義務化法案」について更に詳しく解説しており、課題点や対策のポイントについても掲載しています。従業員50名以上の大きな事業所を経営している方は、正に必見ですね。

そしてこのサイトでは、ストレスチェック義務化に対応したサービスまで紹介しています。ライトからプレミアムまで4つの段階に分かれたこちらのサービスは、セキュリティと利便性を同時に確保したストレスチェックを提供してくれます。そのうえ、充実した医師のネットワークによる面談の機会も提供してくれるので、利用する社員たちの満足度もきっと抜群のはずですよ。

労働安全衛生法の改正は、煩わしい部分もある反面、社員の健康状態をより正確に把握するきっかけともなります。あなたの会社も、義務化に伴って質の高いストレスチェックのサービスを導入してみてはいかがでしょうか?

RSS Feed
By: admin